FC2ブログ

赤文字 ⇒ 本日・昨日 更新     青文字 ⇒ NEW

-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2014-04-07 (Mon)

シバザクラ 001.gif

*  進みながら 強くなる  *

【名字の言】 
2014年4月6日


原稿の締め切りが近いが、
どうにも筆が 乗らない。

そんなときは、1行でも2行でも
いいから書き出してみる。

腕の動きにつられて、
文章が 頭に浮かんでくる

▼勉強は
「強いて勉める」と書くように、
進んでやる人は あまりいない。

これも、
はかどらせるコツは、
まず 机に座ること。
↓↓↓
歴史学者のトインビー博士が、
毎朝9時ごろには
必ず 机に向かうことを
日課にしていた話は 有名である。

何事も、やってみる、
動いてみることで、
開けること、
身につくことがある


▼事業の失敗で  大借金を抱えた
作家のバルザックは
苦境を 乗り越えたとき、
あるラテン語を 標語にしていた。
↓↓↓
「進みながら強くなる」


▼仏文学者の鹿島茂氏も、
この言葉に出あい、
執筆の準備ばかりに こだわって
苦しんでいた自分の励みにしたという。

「完璧主義で、
 強くなってから 進もうと考えて
 下準備ばかりしていたのでは、
 強くなったと思ったときには、
 もうすべてが 終わっている」
  と(『忘れられない、あのひと言』
              岩波書店)

▼仏道修行における「菩薩行」も、
それに通じるものがあろう。

自分も苦悩を抱えながら、
悩める他者のために
動き、語り、自他共の成長へ進む。

「強くなってから進む」より、
「進みながら強くなる」のが
創価の生き方である。
         (申)




さくら 0003.gif






 広告には 注意してくださいね↓↓↓↓ 

スポンサーサイト
| 名字の言 | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。