FC2ブログ

赤文字 ⇒ 本日・昨日 更新     青文字 ⇒ NEW

-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2011-05-10 (Tue)

イチゴ 101.gif



” くじけないで!                .
   だれにも 朝は かならずやってくる ” …


- 98歳で 詩集 『 くじけないで 』 を 刊行した 柴田トヨさん -


☆ 苦難を 乗り越える力は              .
      人への感謝 恩に報いたいという 一念から … ☆


* いつか相手が 奮い立つ        .
       勇気の源泉となることを 信じたい *


【名字の言】 
2011年5月8日


90歳を超えてから 詩作を始め、
昨年、99歳の誕生日を前に、
初の詩集 『 くじけないで 』 (飛鳥新社) を
刊行した 柴田トヨさん。

心の機微を 率直に綴った
一節一節が 胸に染みる



▼うれしいことも 辛いことも、
たくさん経験した1世紀の人生。

柴田さんは
「 人生、いつだってこれから。
  だれにも 朝は かならずやってくる 」
を モットーに 生きてきた。

「 貯金 」 という詩は、こう始まる。

    私ね 人から
    やさしさを貰ったら
    心に貯金をしておくの



▼柴田さんが 12歳の時に
起きた関東大震災で、
詩人の与謝野晶子が 被災した。

じつに10年をかけて書きためた
『 源氏物語 』 の現代語訳を焼失し、
失意の底に 沈む。

しかし、研究を 励ましてくれた
森鴎外らへの感謝を バネに奮い立った



▼この逸話に触れ、
池田名誉会長は
「 なによりも、『 恩を知る心 』 を
  学ばなければならない。
  その心がある人に 停滞はない。
  何をやっても 伸びていく 」 と



▼生きている限り、
悩みがあり、苦難がある。

それを 乗り越える力は、
人への感謝、恩に報いたいという
一念から 湧き上がってくる。

真心の励ましは、
いつか相手が 奮い立つ、
勇気の源泉となることを 信じたい。

「 心こそ大切なれ 」   (御書1192ページ)
    の生き方にこそ、
褪せない輝きが ある。    (行)



さくら 0003.gif


 広告には 注意してくださいね↓↓↓↓  X

スポンサーサイト
| 名字の言 | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。