赤文字 ⇒ 本日・昨日 更新     青文字 ⇒ NEW

-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-03-16 (Mon)

桜 002.gif


【小説・人間革命】 
- 潮流42 -

2009年3月16日


- 潮流42 -


 ワイキキの海は、青く澄み渡り、砕ける白い波が、陽光に光っていた。
 七月二十六日は、コンベンションのメーン行事となる全米総会が開催される日である。午前中、山本伸一は、ハワイ州のジョージ・アリヨシ州知事とドミニカ共和国のカルロス・ラファエル・ゴイコ・モラレス副大統領の訪問を受け、宿舎のホテルで会見した。
 伸一は、自分の方から出向いて、御礼を言おうと思っていただけに、その気遣いに、いたく恐縮した。
 アリヨシ知事とは、この年の一月、伸一が州政庁を表敬訪問し、創価学会の目的や歴史、平和・文化運動などについて語り合っていた。その折、七月にハワイで全米総会などを開催することを伝えた。知事は、全面的に協力を約束してくれたのである。
 伸一は、まず、アリヨシ知事との再会を喜び、今回のコンベンションに対するハワイ州の協力に心から感謝した。
 「誠にありがとうございます。ご厚意は、生涯にわたって忘れません」
 知事は、満面に笑みを浮かべて答えた。

 

人間革命 2009.03.16.jpg


 「会長がお元気なので大変に嬉しい。今後とも、どのような協力も惜しみません」
 続いて伸一は、ゴイコ・モラレス副大統領が昨夜、長時間にわたる前夜祭に出席してくれたことに対して、丁重に御礼を述べた。
 副大統領は、恐縮しながら言った。
 「とんでもないことです。すばらしい行事でした。まだ、感動が冷めません」
 御礼と感謝の言葉によって、信頼と友好の絆は強まっていく。人に対して、どれだけ「ありがとう」と言えるか、感謝の言葉を語れるか――実は、そこに人徳が表れるといっても過言ではない。
 伸一は、ハワイのアリヨシ州知事とドミニカ共和国のゴイコ・モラレス副大統領に、平和を象徴するものとして、平安朝時代の風物が描かれた日本画を贈呈した。また、副大統領からは、ドミニカの国旗が伸一に贈られ、短時間だが、心通い合う交流となった。

 

 

カーネーション 001.gif


スポンサーサイト
| 小説・人間革命 | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。