赤文字 ⇒ 本日・昨日 更新     青文字 ⇒ NEW

-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-04-05 (Sun)

 サルスベリ 001.gif


かたちではなく … その行動の中に …


【名字の言】
2009年4月5日


棋聖・大山康晴15世名人は少年時代、内弟子として仕えた師匠から一局も教わらなかった。その代わり、掃除、買い物、駒磨き、代稽古など“盤外”の修業に日々、明け暮れた

▼しかし、こうした修業を必死にやり抜くことで、「将棋とは単なる技術だけではなく、体の奥底に蓄えられる心、皮膚からにじみ出る精神といったものに支配される道だ、ということがはっきり感じとれるようになってきた」(大山康晴『勝負のこころ』)

▼似たような話は仏説にもある。釈尊は過去世において、師の阿私仙人から法華経を説いてもらうため、千年の間、給仕の修行に励んだ。経典には、その模様が、水を汲み、薪を拾い、果実を採り……と描かれている

▼興味深いことに、仏典には修行の中身は綴られているが、肝心の法華経が説かれる場面はない。これについて、池田名誉会長は「修行そのもの、行動そのものに妙法蓮華経が伝えられる」と講義している(『法華経の智慧』)

▼師弟の魂の継承――それは何も特別な儀式ではない。弟子が懸命になって師に仕え、誓いを果たす。その実践に師弟の魂は宿る。創価の師弟の精神も、決して遠くにあるのではない。広布拡大に励む今の私たちの心と行動にこそ、受け継がれていく。(弘)

 

 



カーネーション 004.gif


スポンサーサイト
| 名字の言 | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。