赤文字 ⇒ 本日・昨日 更新     青文字 ⇒ NEW

-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-04-04 (Sat)

沈丁花 103.gif 

 

【小説・人間革命】 
- 潮流59 -

2009年4月4日


- 潮流59 -


 七月二十七日、「ブルー・ハワイ・コンベンション」は最終日の三日目を迎えた。
 午後七時前、賛助出演した米軍太平洋艦隊の音楽隊が、約一時間にわたって演奏を披露。そして、午後八時過ぎ、ファンファーレが高らかに響き渡り、「スピリット・オブ・一七七六ショー」が開催された。
 アメリカの独立宣言が採択された、一七七六年の建国の精神と歴史をうたい上げた、三十景に及ぶミュージカルである。
 壮大なアメリカの大自然を描いた背景が照らし出され、浮島に一隻の帆船が近づく。一六二〇年の「メイフラワー号」の到着である。ここから清教徒による、新世界の歴史が織り成されていったのだ。
 イギリス軍と義勇兵との戦い、独立宣言が採択された大陸会議、カリフォルニアのゴールドラッシュ、西部開拓などを通して、建国に生きた人びとの敢闘と理想、勇気、開拓者精神が、歌で、踊りで表現されていった。


人間革命 2009.04.04.jpg


そこには“自由と民主の、このアメリカの理想を、開拓者精神を、誰が継承し、人類の幸福と平和に寄与していくのか! それは、仏法という生命の哲理をもった私たちだ!”とのメンバーの叫びがあった。
 舞台裏もまた、熱気に満ちていた。出演者が何役もこなしていることが多く、皆、着替えに大わらわであった。
 この衣装の製作に携わったメンバーが着替えを手伝っていたが、その人たちも、幾つもの仕事をこなしていた。
 ロサンゼルスの服飾会社でデザイナーとして働く婦人部のサラー・アポンテは、前日の水中バレエの衣装なども手がけ、さらに前夜は鼓笛隊としてパレードにも出場していた。
 やるべきことはたくさんある。しかし、体は一つである。皆、悩みながら、智慧を絞って、限界に挑んだ。
 そのなかで、自分の殻が破られ、大きく成長していることを、誰もが実感していた。能力は、これまでに出したことのない力を出すことによって、伸びていくのだ。


 

 セントポーリア 101.gif





スポンサーサイト
| 小説・人間革命 | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。