FC2ブログ

赤文字 ⇒ 本日・昨日 更新     青文字 ⇒ NEW

-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2014-04-08 (Tue)

コスモス 001.gif

【小説 新・人間革命】 
- 激闘 16 -
2014年4月8日

- 激闘 16 -


金田都留子は、
自分も
広宣流布の大理想を担う
一人であると思うと、
胸は 高鳴り、
体が 打ち震える思いがした。


激闘16 2014.04.08


山本伸一は、
彼女の心を 察したかのように、
微笑みを 浮かべて語った。

「仏法を持った私たちの使命は、
 深く、大きい。
 広宣流布というのは、
 世界平和の実現がかかった、
 人類の命運を 決する戦いなんです。

 皆さんは、
 その壮大にして
 崇高な戦いを 起こそう
 というのですから、
 自分の小さな悩みや
 苦しみに 打ちひしがれ、
 意気消沈している
 ようなことが あってはなりません。

 『全世界を 征服せんとせば、
  まず 汝みずからを 征服せよ』
   (※注※ 「悪霊 上」)という言葉があります。

 すべては、自己自身との戦いです。
 自分に 勝つことが、
 一切の勝利に つながっていくんです」


彼女は、伸一の講義に、
大きな感動を 覚えた。

その胸に、
広宣流布への使命の灯火が、
明々と ともされたのである。

以来、金田は、
喜々として
周囲の人びとに
仏法を語っていった。

彼女の姉は、
日ごとに、
はつらつとしていく妹の姿に 驚き、
信心を 始めた。

また、
都留子の夫も 入会した。

人間革命の実証ほど、
仏法の偉大さの証明となる力は ない。

金田は、いつも
“死にたい”と思っていた自分が、
日々、
歓喜に燃えて 生きていることを、
人に語らずにはいられなかった。

彼女は、弘教の闘士に 育っていった。

文京支部は、
北海道の夕張や、
東海道本線の主要駅、
東京の八王子などにも
戦線を広げ、
いくつもの活動拠点が 
誕生していた。

金田は、
電車やバスを乗り継ぎ、
会員の激励にも
奔走するように なっていった。

ある時、
数人の婦人たちと、
神奈川方面へ 活動に出かけた。

帰りの電車で 伸一と会った。

乗客は 少なかった。

彼は言った。
「ご苦労様です。
 せっかくですから、
 御書を 勉強しましょう。
 御書は お持ちですか」


皆、バッグから 
御書を 取り出した。


「1262ページの『日厳尼御前御返事』を 開いてください」









 広告には 注意してくださいね↓↓↓↓  X X X

スポンサーサイト
| 社説 | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。