FC2ブログ

赤文字 ⇒ 本日・昨日 更新     青文字 ⇒ NEW

-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2008-04-29 (Tue)

イチゴ 101.gif


師弟椿 …


【名字の言】
2008年4月29日


月刊誌「潮」の連載小説「へいしゅうせんせえ――細井平洲」が好評だ。人気作家・童門冬二氏の書き下ろし作品

▼平洲は、江戸時代の封建社会にあって「民衆の幸福を根本とせよ」と訴えた教育者であった。小説も、江戸の両国で、庶民を相手に自らの学説を講演する場面から始まる

▼なかでも、平洲は「実践」を重んじた。学んだことを実行に移さなければ、学問をする意味はない――この信念は終生、変わらなかった。やがて彼は、後に米沢藩主となる上杉鷹山の教育係を担当する。「貞観政要」など万般の学問を学んだ鷹山は、師の教えを実践に移し、危機的な状況の藩を大改革。まさに、師弟一体の大事業といってよい。名誉会長は、この二人の闘いをスピーチで紹介している

▼平洲の出身地・愛知県東海市に立つ市立平洲記念館。敷地には、平洲が米沢で手植えした、寒椿から挿し木された「師弟椿」が育っている。昨年、この椿の挿し木が、中部青年部に寄贈された

▼同館の名誉館長でもある童門氏は語ったことがある。「創価学会は師弟を大事にされている。すごいことです。師弟の精神がみなぎる限り、学会は発展されると確信します」と。師弟という最高の人生道を歩む――これ以上の幸福はない。(和)

さくら 0003.gif





            X X X ↓広告です↓さわらないでね↓注意してね↓  X X X
スポンサーサイト
| 上杉鷹山 | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。